, 彼らの楽曲は非常にみみ馴染みが良く、デビュー曲からずっと同じクオリティを保っている。ずっとSOUL'd OUTだ。たぶん、サウンドプロデュースを行なっているShinnosukeの中で確固たるイメージがあり、それにラップの2人を当てはめただけなのだろう。, サムネの右側に立っている何の特徴もない男がShinnosukeだ。ELTの伊藤一朗ではない。, こんな普通の兄ちゃんからあの数々の楽曲達が生まれ出てきたのかと思うと、不思議な気持ちになる。本当に天才的な仕事をしたと思う。, ちなみにSOUL'd OUTはShinnosukeの家庭の事情で解散を余儀なくされた。未だにその理由は明かされていない。, フロントマンでもなく歌い手でもない彼だが、どれだけSOUL'd OUTに重要な存在だったのか想像に難くない。, SOUL'd OUTの楽曲のサビには印象的なフレーズが使われている。他では見かけないような言葉。時には意味をなさないようなものまであり、そこには徹底的に「耳障りがいいこと」を重視している彼らの姿勢が伺える。, 似たような楽曲が実は過去にもある。多くのアーティストがカバーをしてるこちらの名曲。, SOUL'd OUTの核をなすのがShinnosukeなのは間違いない。しかしこの男の圧倒的なパフォーマンスは聴くものの耳に強烈な一撃を喰らわせる。, ラップを歌うアーティストは腐るほどいるが、ラップを聴いて彼ほど「上手え…」と思わされる人間はいない。, 滑舌の良さに加え、英語の発音、なんとも言えない言葉回し。喉がクルクルと回転しているようなラップを超高速で繰り出してくる。こいつはバケモンだ。, さらに言うと、ラップなので自分で作詞していると思うのだが、その言語感覚も異常なまでにセンスが光っている。正直、凄すぎて意味が分からない。, Shinnosukeの生み出したサウンドにこの不可思議なラップが重なることでSOUL'd OUT特有の上質な心地よさが発生するのだ。これはもう、センスとしか言いようがない。脱帽だ。, あとは売れるきっかけとして、世にヒューマンビートボックスが認知されだした頃だったのも見逃せない。Bro.Hiの奏でるヒューマンビートボックスはまだ物珍しかったのだろう。, ハモネプなどで「ボイスパーカッション」は認知されていたが、ターンテーブルのスクラッチ音などは初見の人には「人間ってそんな音が出せるんだ!」と強烈だった。, ヒューマンビートボックスを聴きたいだけの一見様も、彼らの楽曲を聴いて虜になってしまったわけだ。まあ私のことだが。, SOUL'd OUTはShinnosukeが基本を作り、その上にDiggy-MO'の他に類を見ないほどの上質なラップが彩りを添え、Bro.Hiが客寄せパンダになったのだろう。, 彼らの楽曲はYOUTUBEでほとんど聴くことができる。本当にいい時代になったものだ。, 彼らがデビューしたのが2003年なのでもう10年以上前だ。それでもこの新鮮さは何なのだろうか。, この世にはごくごくたまに、時代を超えても古臭さを感じさせない楽曲が登場する。有名どころだと、サザンの「勝手にシンドバッド」などがそうだ。時代特有の匂いがしない楽曲だ。, 古臭くなるというのは、同じパターンが使い尽くされ、それに代わる新しい物が現れることで発生する。音楽の新陳代謝が行われた証なのだ。, しかしSOUL'd OUTの持ち味は他のアーティストが真似できるものではなかったようで、替えの効かないサウンドだったのだ。だからこそ今でも色あせないのだと思う。, 本屋大賞を受賞した『舟を編む』に代表されるように、三浦しをん作品ではほのぼのとした人間讃歌がよく見られ、読み手の心を大いに癒やしてくれる。, 読み手を傷つける。さらにその傷を抉ってくる。しかも最後のページまでずっと抉り続けてくる。 どんな拷問ですか?, 普段は大企業の末端で、大量の部下を抱えて死にそうになっています。というか死にたい。, はやくブログで稼いで、自由を手に入れたいと常々思いながら、ゴロゴロしちゃう背徳感。. その眼もくもってしまったLost generation 2003年、SOULʼd OUTのメインMCとしてシングル「ウェカピポ」でSME Recordsからデビュー。⾼速ラップやユニークな歌詞、⼀度聴いたら忘れられない曲調が話題となり、発表するシングルは常にオリコンチャートの上位を獲得した。SOULʼd OUT解散後は、ソロ活動として2枚のオリジナルアルバムとベストアルバムを発表。2020年2⽉にはViRCAN DiMMERとしてアルバム「HOROSCOPE」を発売。「ヒプノシスマイク」や「Kis-My-Ft2」等へのサウンドプロデュースも精⼒的におこなっている。Diggy-MO’オフィシャルウェブサイト, さっそくですが、Diggy-MO’(以下:Diggy)さん。Diggyさんはどうして、ラッパーになろうと思ったのでしょうか?, ⼤学の在学中に組んでいたバンドで、⾃分も試しにラップをしてみたら周りの反応がよかったんですよ。そこからラップするようになったかな。でも俺、今までラッパーだと⾃覚したことは⼀度もないですよ(笑), The FugeesやTHE ROOTS が元々好きだったっていうのもあるんだけど、ラップは⾳楽の⼀部として取り⼊れている感じ。だから、ラッパーになろうと思ったことは今まで⼀度もないんです。, ラップは音楽の一部…。確かに、Diggyさんの音楽はジャンルレスで「Diggy-MO’」という枠組みでしか語れません。それでは、いつから音楽を職業にしたいと考えていたのでしょうか?, もともと、⾳楽にいくか美術にいくかの⼆択かなと思ってて。⾼校の時は美術にウェイトを置いていて、⼤学もデザイン科に⼊ったんですけどね(笑), そうだったんですか。それでは、大学でのバンド活動を経て、本格的に音楽への道に進むことを選択されたわけですね。, Shinnosukeと知り合った頃、彼が「⼀緒にユニットやろうよ」と、積極的に何度も誘ってきてくれたんですよね。当時の事務所を介して彼に初めて会ったときは、本当にビックリしましたよ。「今⽇、デモテープ持ってきてくれた?うち来るでしょ?俺も聴かせたい曲あるんだよ。」みたいな感じで、驚くほどフレンドリーだった(笑), もちろん嬉しかったんだけど、俺ね、ゆっくりが好きなんですよ(笑)⼈付き合いは時間をかけたいタイプというか。恋愛とかもそうだけど、パッとくっついてパッと離れるってのが苦⼿で、ある程度プロセスを経て何かしら覚悟を持った上でちゃんとやっていきたいというのがあって。だから、ちょっと慎重になっちゃったね。ちゃんと「お付き合い」する(ユニットを組む)までに1年くらいかかった(笑), そうだったんですか(笑)しかし、そこから※Bro.Hiさんも合流し、15年間のSOUL’d OUT活動がスタートするわけです。Diggyさんにとって、SOUL’d OUTでの活動(1999~2014:休止期間を含む)で、もっとも思い出深いことはなんですか?, ※【関連記事】Bro.Hi(元SOUL’d OUT)が語る現在地「今、やりたいことを夢中に」, う〜ん………。ソニーのオーディションかな。事務所に⼊る前、SOULʼd OUTがまだ3⼈のものだった頃が、やっぱりいちばん思い出深いですね。, DiggyさんはSOUL’d OUTで活動されている当時から、音楽の枠組みにとらわれない自らのスタイルを確立してこられました。誰にもマネできないDiggyさんのその発想は、 どこから生まれているものなのでしょうか?, 「作ること」っていうのはイマジネーションなんだよ。想像力が爆発的じゃないと、絶対おもしろい作品はできないと思っています。自分の場合、あらゆるイマジネーションの集合体が、⼀個の作品に爆発するという感じですね。, 火星人と恋をする「MARTIAN MARTIAN」、インド音楽を取り入れた「ハニーチュー」などは、確かに想像力の爆発を感じざるを得ません。そんな「イマジネーション」はどんなときに爆発するのでしょうか?, 年がら年中ですかね。俺ってたぶん、妄想⼒が強いんですよ。ネアカでおめでたい性格というか(笑)想像⼒が爆発している時って、いろんなことがなりふり構わずどうでもよくなる。例えばさ、好きな⼈ができるとそういう感じになりますよね?あの気持ちを、曲の制作に対して常々抱いている感じかな。, それでは、SOUL’d OUTの解散後も作曲に対する「やる気」を失うことはなかったのですか?, 俺にとってSOULʼd OUTはずっと⼤切にしてきたものだったから、解散後は⼤きな喪失感があった。ただ、⽇々⽣まれてくるイマジネーションが⽌まるということは決してなかったんです。SOULʼd OUTのことは当然重んじているけれど、「やる気がなくなって曲が作れない」というのは今のところまったくないですね。, そこはメジャーだろうがインディーだろうが、SOULʼd OUTだろうがソロだろうが関係ないから。⾃分の背景が変わったことに、あまり左右されることのない性格だと思います。傲慢な⾔い⽅をすると、そこは⾃分のブレない「強み」ですね。, 近々かどうかはわからないけど(笑)そもそも曲を作ることに対して、リリースをゴールにしてないんですよね。, 結局、単純に⾳楽が好きで作っているっていう感覚が強いのかな。そして、リスナーのみんなはいちばんの理解者で、いち早く聴いてもらいたいし、それが楽しみなんだけど、無理して急ぎ足でそこに寄せていくものではないと思ってて。誤解を恐れずに⾔うと、「これはみんなのために」みたいな、ある意味イージーな⼿段は、俺にはできない。⾃分の世界観に深く共鳴してくれた⼈たちだからこそ、無理して⾃分を⾒てもらうような安易なことはしたくないんです。, うん。俺⾃⾝も、まずは⾃分と、そしてリスナーのみんなと築いてきたものを信じて、大事にしたいです。, 最近は、「ヒプノシスマイク」や「Kis-My-Ft2」など、サウンドプロデュースもおこなっています。今後は、こういったプロデュース活動も精⼒的に続けていく予定ですか?, そうだね。プロデュース活動も、機会のたびに充実させていきたいと思っています。今まで⾃分が⾃分をやってきた年⽉だったので、今後は⾃分以外の歌い⼿の⼈たちもプロデュースできて、開花されていない部分のきっかけになれればうれしいですね。, Diggyさんは、昔から「プロデュース活動をしてみたい」というお話をされていました。どうしてこういった活動に興味があるのでしょうか?, たぶんデザイナー気質という⾯もあるんですよ、俺。美⼤のデザイン科に通っていたこともあって、⾃分がやりたいことをワーッとやること以外にも、既存のものに⾊づけしていくような、組み⽴てるようなことも好き。「⽬的があるベスト」に持っていくのがいちばんだと思っているんです。, ⾃分の好みではなく、その物事にいちばん適した⾊付けをするということ。メイクに例えるとわかりやすいかな。俺は、⼥の⼦に⾃分の好みのメイクを施すんじゃなくて、その⼦に似合うメイクを探したい。その⼦がもっと良くなると思ったら、⾃分の好みはけっこうあっさり切り捨てますね。, なるほど。その人が本来持っている力を、より際立たせるプロデュースがしたいということですね。, そうですね。アーティストでもアイドルでも、その人に適したことをやる。その中で、新しい⾵を吹かせてあげられれば。そういうデザイニングみたいな組み⽴ても昔から好きなんですよね。………⼤学そんなに⾏ってなかったけど(笑), 同じことは、曲作りに関しても⾔えることなんですよね。こっちの⽅がこの曲に合うと思ったら、好みは切り捨てる。装飾のプライオリティとして、「好み」は選択肢のいちばん最後。究極のこれかこれかで迷った時に、ようやく⾃分の好みを使う感じですね。, これがね、仕上がってみると好き嫌いとか関係なくぜんぶ愛せるんですよね。⾃分の思う⽬的にたどり着くと、それがタイプじゃなくても好きになれる。だから、あんまり好き嫌いでやっていなくても⼤丈夫。結局好きになれるからって。, ところでDiggyさん。Diggyさんって、ここが他の⼈と違うなって⾃分で感じるところがありますか?, これね、今でもたまに悩むことがあるんですよ。…いや、悩むって、そんな深刻なことじゃないんだけどね(笑), なんか自分は、他の⼈と「興味のポイント」が大きくズレているなと感じるときがあるんですよ。ふとね。, 音楽でも映画でもあるよ。好きな対象は同じだったとしても、人が関⼼があったポイントとの大きなズレが!みたいな(笑), 「ここでこうくる?!」「流れの中での意外性やばい!」みたいな感じで、俺一人で盛り上がってたり(笑), うん。だから、たまにみんなの前であまりに甚だしく変なこと言っちゃって、ポカーンとされたりした(笑)そういうことが、まあまあ細かいものだとたくさんあり過ぎで。, そうかなぁ。でもさ少し悩みますね、たまにだけど。あっ、俺は「quater5」が好きなんだけど、みんなからは「MUZiiKFVCK」の⽅が受けがよかったり、とかさ(笑), 「悩み」という話がありましたが、これまでの活動の中でいちばんキツかったり苦しかったりしたことってなんですか?, 俺さ、3 歳の頃からピアノをやってたんです。他には、⽔泳とお絵かき教室に通ってたんだけど、ピアノがやっぱり超嫌だったんですよね。本当にヒーヒー⾔いながらやってた感じ。サボって⾏かないこともあったんだけど、バレると親に怒られるんですよ。そりゃそうだ(笑), でもさ、好きなことでも続けるのって難しい。節々で思うんだけど、「好き」を続けるためにも努⼒が必要なんだよね。, そう。好きなことを好きでいるために、努⼒を強いられる場⾯が必ずくるんですよ。例えば、『耳をすませば』の月島雫も、好きな小説を書くために鉱物を調べることになる。一見関係ないようなことを習得する工程とか、必ず出てくるんですよね。, そういう壁って、いろんな場面で形を変えて何度も何度もやってくるんだけど、その壁を乗り越えるたびに、さらに没頭できるようになる。⼈と⼈との関係もそうですよね。好きなところばっかりじゃないけど、そこを理解し合えるともっと好きになったりするじゃない。いつでも⾃分の「wanna」だけではダメなんだ。, 「ストレス社会」といわれる昨今、他⼈の⾔葉に傷つきやすい人が多いです。Diggyさんはどう思っていますか?, ね。引きこもっちゃう⼦とか、思い詰めてしまう子もいますよね。あれってどうしてなんだろう?, SOULʻd OUTもデビュー当初、同業者の⽅々やそのファンからの⾵当たりが強かったという印象がありますが、そういうとき、Diggyさんはどうしていましたか?, 確かに、ディスられたりもしたんだろうけど、そこまで何か思わなかった。本当に「どうでもいい」というか(笑), 「ダサい」と⾔われたら、「そっか、ダセえのか」と⼀応は思うけど、それだけですね。⼈の感情に振り回されてやっていないからというのがいちばんの理由かな。, 「quater5」じゃなくて、みんなが「MUZiiKFVCK」なんだったら、そこはじゃあやろうかなって感じ?(笑), 周りの⾔葉でも「聞くべきもの」と「無視すべきもの」があるから、そこをちゃんと⾒極めるべきだと思います。, 「アドバイス」といいながら、他⼈と⽐較する⾔葉を使う⼈。例えばさ、「Aさんはできているんだから君にもできるはず」という⾔葉は信じなくてもいいと思うんですよ。, うん。真剣に⾃分のことを考えてくれる⼈は、絶対に⽐較対象を持ち出さないと思うんですよね。本当に親⾝になってくれる⼈は、「その⼈のベストは何か」ということを考えてくれるはずだから。そこを⾒極められるようになれば、だいぶ楽になるんじゃないかな。, とても為になるお話をありがとうございました!今後のDiggy-MOʼさんの活躍を期待しています。, やる気ラボの娯楽記事担当。趣味は、プロ野球観戦(広島)・競馬(芦毛)・温泉(アルカリ性泉)・読書(古い小説)等と幅広いが、爺臭いといわれるのを気にしているとかいないとか。性格は柴犬のように「頑固」&「愚直」で、やる気ラボの成績向上のためには火水もいとわない男、と自称している。, 注目のキーワード#仕事・働き方#生活・趣味#子育て・教育▶やる気ラボについて ▶感想・アンケート, やる気の違いは目標設定の違いにある! 「目標」が持てない部下に、自律的な行動を促すマネジメント |やる気にさせる心理学(6), リュウジが料理研究家になるまで―高校中退、夢を挫折した過去にも「つらかったことは1度もない」, コレって恋ですか?「ネット発」おもしろかわいいアイドルの魅力に迫る!【インタビュー】.

ロード オブザ リング 年齢 5, ツインプラネット オーディション 合格者 4, 橋本環奈 吉沢亮 小説 4, 成田高校 指定校推薦 大学 37, 補導 され すぎると 13, Logicool Hd ウェブカメラ C270 14, 女が何も言わ なくなっ たら 14, アルバハhl ソロ 土マグナ 5, 建設業 帳簿 エクセル 15, ハウルの動く城 漫画 公式 11, スーパー ゼネコン 結婚 23, Youtube 企業 成功事例 4, 告白 呼び出し 話がある 40, Zta パスワード Zip 18, ドクター ノオ 怪物くん 4, キルレ 2 Bo4 17, スカイプ 音声共有 2020 47, ツイキャス スクリーン配信 横画面 29, Ff9 地 竜 の門 行き方 30, 新宿スワン ネタバレ 1巻 4, マイクラ 配布ワールド 脱出 11, サイコ ブレイク 3 発売日 16, シン テレワークシステム 料金 6, Interfm 聞き方 無料 13, 岡田奈々 女優 若い頃 5, Jリーグ タイトル数 ランキング 4, 朝ドラ ジャニーズ 歴代 19, 第二東京 弁護士 会 委員会 4, 中条あやみ 愛用 香水 28, 覚醒武器 迫撃 装備 12, 小園凌央 弟 大学 23, デジタル教科書 作成 アプリ 15, Dat 意味 プログラム 20, ヤンマー スタジアム ロイヤルボックス 15, サザエさん 視聴率 推移 9, パワプロswitch 変化球 おすすめ 42, の づ ひで あき 中学 4, 村上信五 弟 画像 4, モジャンボ 剣盾 育成論 54, 後発医薬品使用体制加算 カットオフ 2018 8, ハイ ピクセル スカイブロック 丸石製造機 9, 栗原はるみ プリン 鍋 5, 腹式呼吸 ダイエット 芸能人 6, 卓球 松島 兄弟 6, ポケモン プラチナ ミカルゲ 色違い 6, 凛と 佇む 意味 28, Birth First Name とは 5, エール 三女 子役 5, 岡林信康 手紙 背景 26, モンスト ツララ パクリ 22, Moe リコール モアイ 8, ショップチャンネル スタイル ラヴィー の コート 10, 市 原市 飛び降り 9, Zdr 015 Sdカード 256gbコムテック Zdr025 説明書 12, 次世代 Ak マガジン アダプター 10, スカイ ランタン 材料 11, D2 星5 ダブり 14, キンプリ イヤモニ デザイン 17, キヤノン テレワーク できない 9, 犬 おやつ 問屋 6, 美容師 業務委託 履歴書 21, トゲピー たまご ポケモンgo 5, " /> , 彼らの楽曲は非常にみみ馴染みが良く、デビュー曲からずっと同じクオリティを保っている。ずっとSOUL'd OUTだ。たぶん、サウンドプロデュースを行なっているShinnosukeの中で確固たるイメージがあり、それにラップの2人を当てはめただけなのだろう。, サムネの右側に立っている何の特徴もない男がShinnosukeだ。ELTの伊藤一朗ではない。, こんな普通の兄ちゃんからあの数々の楽曲達が生まれ出てきたのかと思うと、不思議な気持ちになる。本当に天才的な仕事をしたと思う。, ちなみにSOUL'd OUTはShinnosukeの家庭の事情で解散を余儀なくされた。未だにその理由は明かされていない。, フロントマンでもなく歌い手でもない彼だが、どれだけSOUL'd OUTに重要な存在だったのか想像に難くない。, SOUL'd OUTの楽曲のサビには印象的なフレーズが使われている。他では見かけないような言葉。時には意味をなさないようなものまであり、そこには徹底的に「耳障りがいいこと」を重視している彼らの姿勢が伺える。, 似たような楽曲が実は過去にもある。多くのアーティストがカバーをしてるこちらの名曲。, SOUL'd OUTの核をなすのがShinnosukeなのは間違いない。しかしこの男の圧倒的なパフォーマンスは聴くものの耳に強烈な一撃を喰らわせる。, ラップを歌うアーティストは腐るほどいるが、ラップを聴いて彼ほど「上手え…」と思わされる人間はいない。, 滑舌の良さに加え、英語の発音、なんとも言えない言葉回し。喉がクルクルと回転しているようなラップを超高速で繰り出してくる。こいつはバケモンだ。, さらに言うと、ラップなので自分で作詞していると思うのだが、その言語感覚も異常なまでにセンスが光っている。正直、凄すぎて意味が分からない。, Shinnosukeの生み出したサウンドにこの不可思議なラップが重なることでSOUL'd OUT特有の上質な心地よさが発生するのだ。これはもう、センスとしか言いようがない。脱帽だ。, あとは売れるきっかけとして、世にヒューマンビートボックスが認知されだした頃だったのも見逃せない。Bro.Hiの奏でるヒューマンビートボックスはまだ物珍しかったのだろう。, ハモネプなどで「ボイスパーカッション」は認知されていたが、ターンテーブルのスクラッチ音などは初見の人には「人間ってそんな音が出せるんだ!」と強烈だった。, ヒューマンビートボックスを聴きたいだけの一見様も、彼らの楽曲を聴いて虜になってしまったわけだ。まあ私のことだが。, SOUL'd OUTはShinnosukeが基本を作り、その上にDiggy-MO'の他に類を見ないほどの上質なラップが彩りを添え、Bro.Hiが客寄せパンダになったのだろう。, 彼らの楽曲はYOUTUBEでほとんど聴くことができる。本当にいい時代になったものだ。, 彼らがデビューしたのが2003年なのでもう10年以上前だ。それでもこの新鮮さは何なのだろうか。, この世にはごくごくたまに、時代を超えても古臭さを感じさせない楽曲が登場する。有名どころだと、サザンの「勝手にシンドバッド」などがそうだ。時代特有の匂いがしない楽曲だ。, 古臭くなるというのは、同じパターンが使い尽くされ、それに代わる新しい物が現れることで発生する。音楽の新陳代謝が行われた証なのだ。, しかしSOUL'd OUTの持ち味は他のアーティストが真似できるものではなかったようで、替えの効かないサウンドだったのだ。だからこそ今でも色あせないのだと思う。, 本屋大賞を受賞した『舟を編む』に代表されるように、三浦しをん作品ではほのぼのとした人間讃歌がよく見られ、読み手の心を大いに癒やしてくれる。, 読み手を傷つける。さらにその傷を抉ってくる。しかも最後のページまでずっと抉り続けてくる。 どんな拷問ですか?, 普段は大企業の末端で、大量の部下を抱えて死にそうになっています。というか死にたい。, はやくブログで稼いで、自由を手に入れたいと常々思いながら、ゴロゴロしちゃう背徳感。. その眼もくもってしまったLost generation 2003年、SOULʼd OUTのメインMCとしてシングル「ウェカピポ」でSME Recordsからデビュー。⾼速ラップやユニークな歌詞、⼀度聴いたら忘れられない曲調が話題となり、発表するシングルは常にオリコンチャートの上位を獲得した。SOULʼd OUT解散後は、ソロ活動として2枚のオリジナルアルバムとベストアルバムを発表。2020年2⽉にはViRCAN DiMMERとしてアルバム「HOROSCOPE」を発売。「ヒプノシスマイク」や「Kis-My-Ft2」等へのサウンドプロデュースも精⼒的におこなっている。Diggy-MO’オフィシャルウェブサイト, さっそくですが、Diggy-MO’(以下:Diggy)さん。Diggyさんはどうして、ラッパーになろうと思ったのでしょうか?, ⼤学の在学中に組んでいたバンドで、⾃分も試しにラップをしてみたら周りの反応がよかったんですよ。そこからラップするようになったかな。でも俺、今までラッパーだと⾃覚したことは⼀度もないですよ(笑), The FugeesやTHE ROOTS が元々好きだったっていうのもあるんだけど、ラップは⾳楽の⼀部として取り⼊れている感じ。だから、ラッパーになろうと思ったことは今まで⼀度もないんです。, ラップは音楽の一部…。確かに、Diggyさんの音楽はジャンルレスで「Diggy-MO’」という枠組みでしか語れません。それでは、いつから音楽を職業にしたいと考えていたのでしょうか?, もともと、⾳楽にいくか美術にいくかの⼆択かなと思ってて。⾼校の時は美術にウェイトを置いていて、⼤学もデザイン科に⼊ったんですけどね(笑), そうだったんですか。それでは、大学でのバンド活動を経て、本格的に音楽への道に進むことを選択されたわけですね。, Shinnosukeと知り合った頃、彼が「⼀緒にユニットやろうよ」と、積極的に何度も誘ってきてくれたんですよね。当時の事務所を介して彼に初めて会ったときは、本当にビックリしましたよ。「今⽇、デモテープ持ってきてくれた?うち来るでしょ?俺も聴かせたい曲あるんだよ。」みたいな感じで、驚くほどフレンドリーだった(笑), もちろん嬉しかったんだけど、俺ね、ゆっくりが好きなんですよ(笑)⼈付き合いは時間をかけたいタイプというか。恋愛とかもそうだけど、パッとくっついてパッと離れるってのが苦⼿で、ある程度プロセスを経て何かしら覚悟を持った上でちゃんとやっていきたいというのがあって。だから、ちょっと慎重になっちゃったね。ちゃんと「お付き合い」する(ユニットを組む)までに1年くらいかかった(笑), そうだったんですか(笑)しかし、そこから※Bro.Hiさんも合流し、15年間のSOUL’d OUT活動がスタートするわけです。Diggyさんにとって、SOUL’d OUTでの活動(1999~2014:休止期間を含む)で、もっとも思い出深いことはなんですか?, ※【関連記事】Bro.Hi(元SOUL’d OUT)が語る現在地「今、やりたいことを夢中に」, う〜ん………。ソニーのオーディションかな。事務所に⼊る前、SOULʼd OUTがまだ3⼈のものだった頃が、やっぱりいちばん思い出深いですね。, DiggyさんはSOUL’d OUTで活動されている当時から、音楽の枠組みにとらわれない自らのスタイルを確立してこられました。誰にもマネできないDiggyさんのその発想は、 どこから生まれているものなのでしょうか?, 「作ること」っていうのはイマジネーションなんだよ。想像力が爆発的じゃないと、絶対おもしろい作品はできないと思っています。自分の場合、あらゆるイマジネーションの集合体が、⼀個の作品に爆発するという感じですね。, 火星人と恋をする「MARTIAN MARTIAN」、インド音楽を取り入れた「ハニーチュー」などは、確かに想像力の爆発を感じざるを得ません。そんな「イマジネーション」はどんなときに爆発するのでしょうか?, 年がら年中ですかね。俺ってたぶん、妄想⼒が強いんですよ。ネアカでおめでたい性格というか(笑)想像⼒が爆発している時って、いろんなことがなりふり構わずどうでもよくなる。例えばさ、好きな⼈ができるとそういう感じになりますよね?あの気持ちを、曲の制作に対して常々抱いている感じかな。, それでは、SOUL’d OUTの解散後も作曲に対する「やる気」を失うことはなかったのですか?, 俺にとってSOULʼd OUTはずっと⼤切にしてきたものだったから、解散後は⼤きな喪失感があった。ただ、⽇々⽣まれてくるイマジネーションが⽌まるということは決してなかったんです。SOULʼd OUTのことは当然重んじているけれど、「やる気がなくなって曲が作れない」というのは今のところまったくないですね。, そこはメジャーだろうがインディーだろうが、SOULʼd OUTだろうがソロだろうが関係ないから。⾃分の背景が変わったことに、あまり左右されることのない性格だと思います。傲慢な⾔い⽅をすると、そこは⾃分のブレない「強み」ですね。, 近々かどうかはわからないけど(笑)そもそも曲を作ることに対して、リリースをゴールにしてないんですよね。, 結局、単純に⾳楽が好きで作っているっていう感覚が強いのかな。そして、リスナーのみんなはいちばんの理解者で、いち早く聴いてもらいたいし、それが楽しみなんだけど、無理して急ぎ足でそこに寄せていくものではないと思ってて。誤解を恐れずに⾔うと、「これはみんなのために」みたいな、ある意味イージーな⼿段は、俺にはできない。⾃分の世界観に深く共鳴してくれた⼈たちだからこそ、無理して⾃分を⾒てもらうような安易なことはしたくないんです。, うん。俺⾃⾝も、まずは⾃分と、そしてリスナーのみんなと築いてきたものを信じて、大事にしたいです。, 最近は、「ヒプノシスマイク」や「Kis-My-Ft2」など、サウンドプロデュースもおこなっています。今後は、こういったプロデュース活動も精⼒的に続けていく予定ですか?, そうだね。プロデュース活動も、機会のたびに充実させていきたいと思っています。今まで⾃分が⾃分をやってきた年⽉だったので、今後は⾃分以外の歌い⼿の⼈たちもプロデュースできて、開花されていない部分のきっかけになれればうれしいですね。, Diggyさんは、昔から「プロデュース活動をしてみたい」というお話をされていました。どうしてこういった活動に興味があるのでしょうか?, たぶんデザイナー気質という⾯もあるんですよ、俺。美⼤のデザイン科に通っていたこともあって、⾃分がやりたいことをワーッとやること以外にも、既存のものに⾊づけしていくような、組み⽴てるようなことも好き。「⽬的があるベスト」に持っていくのがいちばんだと思っているんです。, ⾃分の好みではなく、その物事にいちばん適した⾊付けをするということ。メイクに例えるとわかりやすいかな。俺は、⼥の⼦に⾃分の好みのメイクを施すんじゃなくて、その⼦に似合うメイクを探したい。その⼦がもっと良くなると思ったら、⾃分の好みはけっこうあっさり切り捨てますね。, なるほど。その人が本来持っている力を、より際立たせるプロデュースがしたいということですね。, そうですね。アーティストでもアイドルでも、その人に適したことをやる。その中で、新しい⾵を吹かせてあげられれば。そういうデザイニングみたいな組み⽴ても昔から好きなんですよね。………⼤学そんなに⾏ってなかったけど(笑), 同じことは、曲作りに関しても⾔えることなんですよね。こっちの⽅がこの曲に合うと思ったら、好みは切り捨てる。装飾のプライオリティとして、「好み」は選択肢のいちばん最後。究極のこれかこれかで迷った時に、ようやく⾃分の好みを使う感じですね。, これがね、仕上がってみると好き嫌いとか関係なくぜんぶ愛せるんですよね。⾃分の思う⽬的にたどり着くと、それがタイプじゃなくても好きになれる。だから、あんまり好き嫌いでやっていなくても⼤丈夫。結局好きになれるからって。, ところでDiggyさん。Diggyさんって、ここが他の⼈と違うなって⾃分で感じるところがありますか?, これね、今でもたまに悩むことがあるんですよ。…いや、悩むって、そんな深刻なことじゃないんだけどね(笑), なんか自分は、他の⼈と「興味のポイント」が大きくズレているなと感じるときがあるんですよ。ふとね。, 音楽でも映画でもあるよ。好きな対象は同じだったとしても、人が関⼼があったポイントとの大きなズレが!みたいな(笑), 「ここでこうくる?!」「流れの中での意外性やばい!」みたいな感じで、俺一人で盛り上がってたり(笑), うん。だから、たまにみんなの前であまりに甚だしく変なこと言っちゃって、ポカーンとされたりした(笑)そういうことが、まあまあ細かいものだとたくさんあり過ぎで。, そうかなぁ。でもさ少し悩みますね、たまにだけど。あっ、俺は「quater5」が好きなんだけど、みんなからは「MUZiiKFVCK」の⽅が受けがよかったり、とかさ(笑), 「悩み」という話がありましたが、これまでの活動の中でいちばんキツかったり苦しかったりしたことってなんですか?, 俺さ、3 歳の頃からピアノをやってたんです。他には、⽔泳とお絵かき教室に通ってたんだけど、ピアノがやっぱり超嫌だったんですよね。本当にヒーヒー⾔いながらやってた感じ。サボって⾏かないこともあったんだけど、バレると親に怒られるんですよ。そりゃそうだ(笑), でもさ、好きなことでも続けるのって難しい。節々で思うんだけど、「好き」を続けるためにも努⼒が必要なんだよね。, そう。好きなことを好きでいるために、努⼒を強いられる場⾯が必ずくるんですよ。例えば、『耳をすませば』の月島雫も、好きな小説を書くために鉱物を調べることになる。一見関係ないようなことを習得する工程とか、必ず出てくるんですよね。, そういう壁って、いろんな場面で形を変えて何度も何度もやってくるんだけど、その壁を乗り越えるたびに、さらに没頭できるようになる。⼈と⼈との関係もそうですよね。好きなところばっかりじゃないけど、そこを理解し合えるともっと好きになったりするじゃない。いつでも⾃分の「wanna」だけではダメなんだ。, 「ストレス社会」といわれる昨今、他⼈の⾔葉に傷つきやすい人が多いです。Diggyさんはどう思っていますか?, ね。引きこもっちゃう⼦とか、思い詰めてしまう子もいますよね。あれってどうしてなんだろう?, SOULʻd OUTもデビュー当初、同業者の⽅々やそのファンからの⾵当たりが強かったという印象がありますが、そういうとき、Diggyさんはどうしていましたか?, 確かに、ディスられたりもしたんだろうけど、そこまで何か思わなかった。本当に「どうでもいい」というか(笑), 「ダサい」と⾔われたら、「そっか、ダセえのか」と⼀応は思うけど、それだけですね。⼈の感情に振り回されてやっていないからというのがいちばんの理由かな。, 「quater5」じゃなくて、みんなが「MUZiiKFVCK」なんだったら、そこはじゃあやろうかなって感じ?(笑), 周りの⾔葉でも「聞くべきもの」と「無視すべきもの」があるから、そこをちゃんと⾒極めるべきだと思います。, 「アドバイス」といいながら、他⼈と⽐較する⾔葉を使う⼈。例えばさ、「Aさんはできているんだから君にもできるはず」という⾔葉は信じなくてもいいと思うんですよ。, うん。真剣に⾃分のことを考えてくれる⼈は、絶対に⽐較対象を持ち出さないと思うんですよね。本当に親⾝になってくれる⼈は、「その⼈のベストは何か」ということを考えてくれるはずだから。そこを⾒極められるようになれば、だいぶ楽になるんじゃないかな。, とても為になるお話をありがとうございました!今後のDiggy-MOʼさんの活躍を期待しています。, やる気ラボの娯楽記事担当。趣味は、プロ野球観戦(広島)・競馬(芦毛)・温泉(アルカリ性泉)・読書(古い小説)等と幅広いが、爺臭いといわれるのを気にしているとかいないとか。性格は柴犬のように「頑固」&「愚直」で、やる気ラボの成績向上のためには火水もいとわない男、と自称している。, 注目のキーワード#仕事・働き方#生活・趣味#子育て・教育▶やる気ラボについて ▶感想・アンケート, やる気の違いは目標設定の違いにある! 「目標」が持てない部下に、自律的な行動を促すマネジメント |やる気にさせる心理学(6), リュウジが料理研究家になるまで―高校中退、夢を挫折した過去にも「つらかったことは1度もない」, コレって恋ですか?「ネット発」おもしろかわいいアイドルの魅力に迫る!【インタビュー】.

ロード オブザ リング 年齢 5, ツインプラネット オーディション 合格者 4, 橋本環奈 吉沢亮 小説 4, 成田高校 指定校推薦 大学 37, 補導 され すぎると 13, Logicool Hd ウェブカメラ C270 14, 女が何も言わ なくなっ たら 14, アルバハhl ソロ 土マグナ 5, 建設業 帳簿 エクセル 15, ハウルの動く城 漫画 公式 11, スーパー ゼネコン 結婚 23, Youtube 企業 成功事例 4, 告白 呼び出し 話がある 40, Zta パスワード Zip 18, ドクター ノオ 怪物くん 4, キルレ 2 Bo4 17, スカイプ 音声共有 2020 47, ツイキャス スクリーン配信 横画面 29, Ff9 地 竜 の門 行き方 30, 新宿スワン ネタバレ 1巻 4, マイクラ 配布ワールド 脱出 11, サイコ ブレイク 3 発売日 16, シン テレワークシステム 料金 6, Interfm 聞き方 無料 13, 岡田奈々 女優 若い頃 5, Jリーグ タイトル数 ランキング 4, 朝ドラ ジャニーズ 歴代 19, 第二東京 弁護士 会 委員会 4, 中条あやみ 愛用 香水 28, 覚醒武器 迫撃 装備 12, 小園凌央 弟 大学 23, デジタル教科書 作成 アプリ 15, Dat 意味 プログラム 20, ヤンマー スタジアム ロイヤルボックス 15, サザエさん 視聴率 推移 9, パワプロswitch 変化球 おすすめ 42, の づ ひで あき 中学 4, 村上信五 弟 画像 4, モジャンボ 剣盾 育成論 54, 後発医薬品使用体制加算 カットオフ 2018 8, ハイ ピクセル スカイブロック 丸石製造機 9, 栗原はるみ プリン 鍋 5, 腹式呼吸 ダイエット 芸能人 6, 卓球 松島 兄弟 6, ポケモン プラチナ ミカルゲ 色違い 6, 凛と 佇む 意味 28, Birth First Name とは 5, エール 三女 子役 5, 岡林信康 手紙 背景 26, モンスト ツララ パクリ 22, Moe リコール モアイ 8, ショップチャンネル スタイル ラヴィー の コート 10, 市 原市 飛び降り 9, Zdr 015 Sdカード 256gbコムテック Zdr025 説明書 12, 次世代 Ak マガジン アダプター 10, スカイ ランタン 材料 11, D2 星5 ダブり 14, キンプリ イヤモニ デザイン 17, キヤノン テレワーク できない 9, 犬 おやつ 問屋 6, 美容師 業務委託 履歴書 21, トゲピー たまご ポケモンgo 5, " />

soul'd out 天才 10

こだわり農家の生産者直送米 (※順不同) なんJ等のコピペ・アスキーアート SOUL’d OUT「アッオウアッオウアッオウアッアッアッお」1:風吹けば名無し 2018/02/15(木) 23:26:49.38 id:C8Tc2WM20 まけの中身が知りたくて――(盗んでんだろ?chips) 浜松市eastside内のシ… (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「Creepy Nutsのオールナイトニッポン0」において、Creepy Nutsのお二人がJUSWANNA『BLACK BOX』を紹介しました。, R:あのね、皆さんがメールで陰毛とか送ってきたり、ちょっとナメてるんでSOUL’d OUTがいかにヤバいグループかってのを説明します。, オレは最初、家族で牛丼食ってる時に流れてきたSOUL’d OUTの『1,000,000 MONSTERS ATTACK』でヤバ!って思ってそっからラップ聞き始めましたから。, まぁSOUL’d OUTっていうのは、ラッパーの「Diggy-MO’」そしてラッパーでもありビートボクサーでもある「Bro.Hi」そしてトラックメーカーである「Shinnosuke」, この3人でSOUL’d OUTなんですけども、まずメインMC みんながよく知ってるのがDiggy-MO’さんですけど。, Diggy-MO’さんはラッパーとして凄いメロディーセンスと声、リズム感。これのゲージがパンパンです。, そんで、メロディーセンスが不思議で、洋楽っぽさだけでなく、歌謡曲っぽさもあるから異常な中毒性があるんですよね。, R:まずこんぐらいの精度でDiggyさんのやってるラップを誰一人として真似できない!, Diggyさんが女性目線で歌う、たかじんみたいな曲の『P』とかもあったりするんですよ。, これは「Wake up people」 “目を覚ませ”っていうメッセージなんですけど、まずDiggyさんのバースが入りからいかに気持ちいいかっていう。, 秘めた巨大なPower そびえたったTower r:soul’d outです。 オレは最初、家族で牛丼食ってる時に流れてきたsoul’d outの『1,000,000 monsters attack』でヤバ!って思ってそっからラップ聞き始めましたから。 松:そっかrずっと言っるのよsoul’d outがヤバイ ヤバイ ヤバイ. 仮に別の愛という名のTemptation, ってここまでずっと同じ「 o 」の口で、そこに「sho」が入ったりして、気持ちい音を並べてHOOKにいくと。, R:ブリッジが終わった後のBro.Hiさんのヒューマンビートボックスもスクラッチにしか聞こえません。, あらゆる言葉と音が引っかっていくと。あの..話し足りないので、他にも紹介していきたいと思います。, Creepy Nutsのオールナイトニッポン0は毎週火曜日の深夜3:00より生放送, R-指定、Romancrewの『御冗談』を紹介|Romancrewの奇跡の化学反応を語る, R-指定、サイプレス上野とロベルト吉野の『MASTERオブお家芸 feat. R-指定、SOUL'd OUTの『ウェカピポ』を紹介|Diggy-MO'の魅力を熱弁する, ZORN『Have A Good Time feat. 昔からずっと言ってるよ AKLO』77個の韻考察|"飛距離エグイ韻"とは?, R-指定、般若の『ぶどうかんのうた』を紹介|武道館直前の2人、般若から受けとった言葉を語る, LITTLEの描写表現と韻が面白い曲|KICK THE CAN CREW『自由TIME』. 宇多丸』を紹介|文系男子のお家芸を語る, R-指定、マボロシの「ヒーロー」を紹介|Mummy-Dの進化、サンプリング文化について語る, R-指定、O2の『神田リバサイ feat. Soul'doutは天才ですか? Soul'doutは天才ですか? 天才かどうかは知りませんが、ラップウマイしいいと思います。滑らかですよね。 © 2020 日本語ラップ情報マガジン "Jマガ" All rights reserved. RUMI MEGA-G』を紹介|怖すぎる楽曲を語る. 失ってしまった愛という名のIllumination Diggy-MO'が語る現在とこれから。元SOULʼd OUT のメンバーとして⼀世を⾵靡し、現在はソロ活動をはじめ「ヒプノシスマイク」や「Kis-My-Ft2」等へのサウンドプロデュースもおこなうDiggy-MOʼさんに、やる気とモチベーションの源泉についてうかがいました。   SOUL’d OUTとかいうグループいたじゃん? 公開日:2015年12月13日(日) 01時 // 最終更新日:2015年12月13日(日) 01時 カテゴリー:2chまとめ(sc), 動画あり, グループ・ユニット, 雑談ネタ // , 彼らの楽曲は非常にみみ馴染みが良く、デビュー曲からずっと同じクオリティを保っている。ずっとSOUL'd OUTだ。たぶん、サウンドプロデュースを行なっているShinnosukeの中で確固たるイメージがあり、それにラップの2人を当てはめただけなのだろう。, サムネの右側に立っている何の特徴もない男がShinnosukeだ。ELTの伊藤一朗ではない。, こんな普通の兄ちゃんからあの数々の楽曲達が生まれ出てきたのかと思うと、不思議な気持ちになる。本当に天才的な仕事をしたと思う。, ちなみにSOUL'd OUTはShinnosukeの家庭の事情で解散を余儀なくされた。未だにその理由は明かされていない。, フロントマンでもなく歌い手でもない彼だが、どれだけSOUL'd OUTに重要な存在だったのか想像に難くない。, SOUL'd OUTの楽曲のサビには印象的なフレーズが使われている。他では見かけないような言葉。時には意味をなさないようなものまであり、そこには徹底的に「耳障りがいいこと」を重視している彼らの姿勢が伺える。, 似たような楽曲が実は過去にもある。多くのアーティストがカバーをしてるこちらの名曲。, SOUL'd OUTの核をなすのがShinnosukeなのは間違いない。しかしこの男の圧倒的なパフォーマンスは聴くものの耳に強烈な一撃を喰らわせる。, ラップを歌うアーティストは腐るほどいるが、ラップを聴いて彼ほど「上手え…」と思わされる人間はいない。, 滑舌の良さに加え、英語の発音、なんとも言えない言葉回し。喉がクルクルと回転しているようなラップを超高速で繰り出してくる。こいつはバケモンだ。, さらに言うと、ラップなので自分で作詞していると思うのだが、その言語感覚も異常なまでにセンスが光っている。正直、凄すぎて意味が分からない。, Shinnosukeの生み出したサウンドにこの不可思議なラップが重なることでSOUL'd OUT特有の上質な心地よさが発生するのだ。これはもう、センスとしか言いようがない。脱帽だ。, あとは売れるきっかけとして、世にヒューマンビートボックスが認知されだした頃だったのも見逃せない。Bro.Hiの奏でるヒューマンビートボックスはまだ物珍しかったのだろう。, ハモネプなどで「ボイスパーカッション」は認知されていたが、ターンテーブルのスクラッチ音などは初見の人には「人間ってそんな音が出せるんだ!」と強烈だった。, ヒューマンビートボックスを聴きたいだけの一見様も、彼らの楽曲を聴いて虜になってしまったわけだ。まあ私のことだが。, SOUL'd OUTはShinnosukeが基本を作り、その上にDiggy-MO'の他に類を見ないほどの上質なラップが彩りを添え、Bro.Hiが客寄せパンダになったのだろう。, 彼らの楽曲はYOUTUBEでほとんど聴くことができる。本当にいい時代になったものだ。, 彼らがデビューしたのが2003年なのでもう10年以上前だ。それでもこの新鮮さは何なのだろうか。, この世にはごくごくたまに、時代を超えても古臭さを感じさせない楽曲が登場する。有名どころだと、サザンの「勝手にシンドバッド」などがそうだ。時代特有の匂いがしない楽曲だ。, 古臭くなるというのは、同じパターンが使い尽くされ、それに代わる新しい物が現れることで発生する。音楽の新陳代謝が行われた証なのだ。, しかしSOUL'd OUTの持ち味は他のアーティストが真似できるものではなかったようで、替えの効かないサウンドだったのだ。だからこそ今でも色あせないのだと思う。, 本屋大賞を受賞した『舟を編む』に代表されるように、三浦しをん作品ではほのぼのとした人間讃歌がよく見られ、読み手の心を大いに癒やしてくれる。, 読み手を傷つける。さらにその傷を抉ってくる。しかも最後のページまでずっと抉り続けてくる。 どんな拷問ですか?, 普段は大企業の末端で、大量の部下を抱えて死にそうになっています。というか死にたい。, はやくブログで稼いで、自由を手に入れたいと常々思いながら、ゴロゴロしちゃう背徳感。. その眼もくもってしまったLost generation 2003年、SOULʼd OUTのメインMCとしてシングル「ウェカピポ」でSME Recordsからデビュー。⾼速ラップやユニークな歌詞、⼀度聴いたら忘れられない曲調が話題となり、発表するシングルは常にオリコンチャートの上位を獲得した。SOULʼd OUT解散後は、ソロ活動として2枚のオリジナルアルバムとベストアルバムを発表。2020年2⽉にはViRCAN DiMMERとしてアルバム「HOROSCOPE」を発売。「ヒプノシスマイク」や「Kis-My-Ft2」等へのサウンドプロデュースも精⼒的におこなっている。Diggy-MO’オフィシャルウェブサイト, さっそくですが、Diggy-MO’(以下:Diggy)さん。Diggyさんはどうして、ラッパーになろうと思ったのでしょうか?, ⼤学の在学中に組んでいたバンドで、⾃分も試しにラップをしてみたら周りの反応がよかったんですよ。そこからラップするようになったかな。でも俺、今までラッパーだと⾃覚したことは⼀度もないですよ(笑), The FugeesやTHE ROOTS が元々好きだったっていうのもあるんだけど、ラップは⾳楽の⼀部として取り⼊れている感じ。だから、ラッパーになろうと思ったことは今まで⼀度もないんです。, ラップは音楽の一部…。確かに、Diggyさんの音楽はジャンルレスで「Diggy-MO’」という枠組みでしか語れません。それでは、いつから音楽を職業にしたいと考えていたのでしょうか?, もともと、⾳楽にいくか美術にいくかの⼆択かなと思ってて。⾼校の時は美術にウェイトを置いていて、⼤学もデザイン科に⼊ったんですけどね(笑), そうだったんですか。それでは、大学でのバンド活動を経て、本格的に音楽への道に進むことを選択されたわけですね。, Shinnosukeと知り合った頃、彼が「⼀緒にユニットやろうよ」と、積極的に何度も誘ってきてくれたんですよね。当時の事務所を介して彼に初めて会ったときは、本当にビックリしましたよ。「今⽇、デモテープ持ってきてくれた?うち来るでしょ?俺も聴かせたい曲あるんだよ。」みたいな感じで、驚くほどフレンドリーだった(笑), もちろん嬉しかったんだけど、俺ね、ゆっくりが好きなんですよ(笑)⼈付き合いは時間をかけたいタイプというか。恋愛とかもそうだけど、パッとくっついてパッと離れるってのが苦⼿で、ある程度プロセスを経て何かしら覚悟を持った上でちゃんとやっていきたいというのがあって。だから、ちょっと慎重になっちゃったね。ちゃんと「お付き合い」する(ユニットを組む)までに1年くらいかかった(笑), そうだったんですか(笑)しかし、そこから※Bro.Hiさんも合流し、15年間のSOUL’d OUT活動がスタートするわけです。Diggyさんにとって、SOUL’d OUTでの活動(1999~2014:休止期間を含む)で、もっとも思い出深いことはなんですか?, ※【関連記事】Bro.Hi(元SOUL’d OUT)が語る現在地「今、やりたいことを夢中に」, う〜ん………。ソニーのオーディションかな。事務所に⼊る前、SOULʼd OUTがまだ3⼈のものだった頃が、やっぱりいちばん思い出深いですね。, DiggyさんはSOUL’d OUTで活動されている当時から、音楽の枠組みにとらわれない自らのスタイルを確立してこられました。誰にもマネできないDiggyさんのその発想は、 どこから生まれているものなのでしょうか?, 「作ること」っていうのはイマジネーションなんだよ。想像力が爆発的じゃないと、絶対おもしろい作品はできないと思っています。自分の場合、あらゆるイマジネーションの集合体が、⼀個の作品に爆発するという感じですね。, 火星人と恋をする「MARTIAN MARTIAN」、インド音楽を取り入れた「ハニーチュー」などは、確かに想像力の爆発を感じざるを得ません。そんな「イマジネーション」はどんなときに爆発するのでしょうか?, 年がら年中ですかね。俺ってたぶん、妄想⼒が強いんですよ。ネアカでおめでたい性格というか(笑)想像⼒が爆発している時って、いろんなことがなりふり構わずどうでもよくなる。例えばさ、好きな⼈ができるとそういう感じになりますよね?あの気持ちを、曲の制作に対して常々抱いている感じかな。, それでは、SOUL’d OUTの解散後も作曲に対する「やる気」を失うことはなかったのですか?, 俺にとってSOULʼd OUTはずっと⼤切にしてきたものだったから、解散後は⼤きな喪失感があった。ただ、⽇々⽣まれてくるイマジネーションが⽌まるということは決してなかったんです。SOULʼd OUTのことは当然重んじているけれど、「やる気がなくなって曲が作れない」というのは今のところまったくないですね。, そこはメジャーだろうがインディーだろうが、SOULʼd OUTだろうがソロだろうが関係ないから。⾃分の背景が変わったことに、あまり左右されることのない性格だと思います。傲慢な⾔い⽅をすると、そこは⾃分のブレない「強み」ですね。, 近々かどうかはわからないけど(笑)そもそも曲を作ることに対して、リリースをゴールにしてないんですよね。, 結局、単純に⾳楽が好きで作っているっていう感覚が強いのかな。そして、リスナーのみんなはいちばんの理解者で、いち早く聴いてもらいたいし、それが楽しみなんだけど、無理して急ぎ足でそこに寄せていくものではないと思ってて。誤解を恐れずに⾔うと、「これはみんなのために」みたいな、ある意味イージーな⼿段は、俺にはできない。⾃分の世界観に深く共鳴してくれた⼈たちだからこそ、無理して⾃分を⾒てもらうような安易なことはしたくないんです。, うん。俺⾃⾝も、まずは⾃分と、そしてリスナーのみんなと築いてきたものを信じて、大事にしたいです。, 最近は、「ヒプノシスマイク」や「Kis-My-Ft2」など、サウンドプロデュースもおこなっています。今後は、こういったプロデュース活動も精⼒的に続けていく予定ですか?, そうだね。プロデュース活動も、機会のたびに充実させていきたいと思っています。今まで⾃分が⾃分をやってきた年⽉だったので、今後は⾃分以外の歌い⼿の⼈たちもプロデュースできて、開花されていない部分のきっかけになれればうれしいですね。, Diggyさんは、昔から「プロデュース活動をしてみたい」というお話をされていました。どうしてこういった活動に興味があるのでしょうか?, たぶんデザイナー気質という⾯もあるんですよ、俺。美⼤のデザイン科に通っていたこともあって、⾃分がやりたいことをワーッとやること以外にも、既存のものに⾊づけしていくような、組み⽴てるようなことも好き。「⽬的があるベスト」に持っていくのがいちばんだと思っているんです。, ⾃分の好みではなく、その物事にいちばん適した⾊付けをするということ。メイクに例えるとわかりやすいかな。俺は、⼥の⼦に⾃分の好みのメイクを施すんじゃなくて、その⼦に似合うメイクを探したい。その⼦がもっと良くなると思ったら、⾃分の好みはけっこうあっさり切り捨てますね。, なるほど。その人が本来持っている力を、より際立たせるプロデュースがしたいということですね。, そうですね。アーティストでもアイドルでも、その人に適したことをやる。その中で、新しい⾵を吹かせてあげられれば。そういうデザイニングみたいな組み⽴ても昔から好きなんですよね。………⼤学そんなに⾏ってなかったけど(笑), 同じことは、曲作りに関しても⾔えることなんですよね。こっちの⽅がこの曲に合うと思ったら、好みは切り捨てる。装飾のプライオリティとして、「好み」は選択肢のいちばん最後。究極のこれかこれかで迷った時に、ようやく⾃分の好みを使う感じですね。, これがね、仕上がってみると好き嫌いとか関係なくぜんぶ愛せるんですよね。⾃分の思う⽬的にたどり着くと、それがタイプじゃなくても好きになれる。だから、あんまり好き嫌いでやっていなくても⼤丈夫。結局好きになれるからって。, ところでDiggyさん。Diggyさんって、ここが他の⼈と違うなって⾃分で感じるところがありますか?, これね、今でもたまに悩むことがあるんですよ。…いや、悩むって、そんな深刻なことじゃないんだけどね(笑), なんか自分は、他の⼈と「興味のポイント」が大きくズレているなと感じるときがあるんですよ。ふとね。, 音楽でも映画でもあるよ。好きな対象は同じだったとしても、人が関⼼があったポイントとの大きなズレが!みたいな(笑), 「ここでこうくる?!」「流れの中での意外性やばい!」みたいな感じで、俺一人で盛り上がってたり(笑), うん。だから、たまにみんなの前であまりに甚だしく変なこと言っちゃって、ポカーンとされたりした(笑)そういうことが、まあまあ細かいものだとたくさんあり過ぎで。, そうかなぁ。でもさ少し悩みますね、たまにだけど。あっ、俺は「quater5」が好きなんだけど、みんなからは「MUZiiKFVCK」の⽅が受けがよかったり、とかさ(笑), 「悩み」という話がありましたが、これまでの活動の中でいちばんキツかったり苦しかったりしたことってなんですか?, 俺さ、3 歳の頃からピアノをやってたんです。他には、⽔泳とお絵かき教室に通ってたんだけど、ピアノがやっぱり超嫌だったんですよね。本当にヒーヒー⾔いながらやってた感じ。サボって⾏かないこともあったんだけど、バレると親に怒られるんですよ。そりゃそうだ(笑), でもさ、好きなことでも続けるのって難しい。節々で思うんだけど、「好き」を続けるためにも努⼒が必要なんだよね。, そう。好きなことを好きでいるために、努⼒を強いられる場⾯が必ずくるんですよ。例えば、『耳をすませば』の月島雫も、好きな小説を書くために鉱物を調べることになる。一見関係ないようなことを習得する工程とか、必ず出てくるんですよね。, そういう壁って、いろんな場面で形を変えて何度も何度もやってくるんだけど、その壁を乗り越えるたびに、さらに没頭できるようになる。⼈と⼈との関係もそうですよね。好きなところばっかりじゃないけど、そこを理解し合えるともっと好きになったりするじゃない。いつでも⾃分の「wanna」だけではダメなんだ。, 「ストレス社会」といわれる昨今、他⼈の⾔葉に傷つきやすい人が多いです。Diggyさんはどう思っていますか?, ね。引きこもっちゃう⼦とか、思い詰めてしまう子もいますよね。あれってどうしてなんだろう?, SOULʻd OUTもデビュー当初、同業者の⽅々やそのファンからの⾵当たりが強かったという印象がありますが、そういうとき、Diggyさんはどうしていましたか?, 確かに、ディスられたりもしたんだろうけど、そこまで何か思わなかった。本当に「どうでもいい」というか(笑), 「ダサい」と⾔われたら、「そっか、ダセえのか」と⼀応は思うけど、それだけですね。⼈の感情に振り回されてやっていないからというのがいちばんの理由かな。, 「quater5」じゃなくて、みんなが「MUZiiKFVCK」なんだったら、そこはじゃあやろうかなって感じ?(笑), 周りの⾔葉でも「聞くべきもの」と「無視すべきもの」があるから、そこをちゃんと⾒極めるべきだと思います。, 「アドバイス」といいながら、他⼈と⽐較する⾔葉を使う⼈。例えばさ、「Aさんはできているんだから君にもできるはず」という⾔葉は信じなくてもいいと思うんですよ。, うん。真剣に⾃分のことを考えてくれる⼈は、絶対に⽐較対象を持ち出さないと思うんですよね。本当に親⾝になってくれる⼈は、「その⼈のベストは何か」ということを考えてくれるはずだから。そこを⾒極められるようになれば、だいぶ楽になるんじゃないかな。, とても為になるお話をありがとうございました!今後のDiggy-MOʼさんの活躍を期待しています。, やる気ラボの娯楽記事担当。趣味は、プロ野球観戦(広島)・競馬(芦毛)・温泉(アルカリ性泉)・読書(古い小説)等と幅広いが、爺臭いといわれるのを気にしているとかいないとか。性格は柴犬のように「頑固」&「愚直」で、やる気ラボの成績向上のためには火水もいとわない男、と自称している。, 注目のキーワード#仕事・働き方#生活・趣味#子育て・教育▶やる気ラボについて ▶感想・アンケート, やる気の違いは目標設定の違いにある! 「目標」が持てない部下に、自律的な行動を促すマネジメント |やる気にさせる心理学(6), リュウジが料理研究家になるまで―高校中退、夢を挫折した過去にも「つらかったことは1度もない」, コレって恋ですか?「ネット発」おもしろかわいいアイドルの魅力に迫る!【インタビュー】.

ロード オブザ リング 年齢 5, ツインプラネット オーディション 合格者 4, 橋本環奈 吉沢亮 小説 4, 成田高校 指定校推薦 大学 37, 補導 され すぎると 13, Logicool Hd ウェブカメラ C270 14, 女が何も言わ なくなっ たら 14, アルバハhl ソロ 土マグナ 5, 建設業 帳簿 エクセル 15, ハウルの動く城 漫画 公式 11, スーパー ゼネコン 結婚 23, Youtube 企業 成功事例 4, 告白 呼び出し 話がある 40, Zta パスワード Zip 18, ドクター ノオ 怪物くん 4, キルレ 2 Bo4 17, スカイプ 音声共有 2020 47, ツイキャス スクリーン配信 横画面 29, Ff9 地 竜 の門 行き方 30, 新宿スワン ネタバレ 1巻 4, マイクラ 配布ワールド 脱出 11, サイコ ブレイク 3 発売日 16, シン テレワークシステム 料金 6, Interfm 聞き方 無料 13, 岡田奈々 女優 若い頃 5, Jリーグ タイトル数 ランキング 4, 朝ドラ ジャニーズ 歴代 19, 第二東京 弁護士 会 委員会 4, 中条あやみ 愛用 香水 28, 覚醒武器 迫撃 装備 12, 小園凌央 弟 大学 23, デジタル教科書 作成 アプリ 15, Dat 意味 プログラム 20, ヤンマー スタジアム ロイヤルボックス 15, サザエさん 視聴率 推移 9, パワプロswitch 変化球 おすすめ 42, の づ ひで あき 中学 4, 村上信五 弟 画像 4, モジャンボ 剣盾 育成論 54, 後発医薬品使用体制加算 カットオフ 2018 8, ハイ ピクセル スカイブロック 丸石製造機 9, 栗原はるみ プリン 鍋 5, 腹式呼吸 ダイエット 芸能人 6, 卓球 松島 兄弟 6, ポケモン プラチナ ミカルゲ 色違い 6, 凛と 佇む 意味 28, Birth First Name とは 5, エール 三女 子役 5, 岡林信康 手紙 背景 26, モンスト ツララ パクリ 22, Moe リコール モアイ 8, ショップチャンネル スタイル ラヴィー の コート 10, 市 原市 飛び降り 9, Zdr 015 Sdカード 256gbコムテック Zdr025 説明書 12, 次世代 Ak マガジン アダプター 10, スカイ ランタン 材料 11, D2 星5 ダブり 14, キンプリ イヤモニ デザイン 17, キヤノン テレワーク できない 9, 犬 おやつ 問屋 6, 美容師 業務委託 履歴書 21, トゲピー たまご ポケモンgo 5,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *