メジャー 年金 9年 5

© Copyright 2020 お金のカタチ. メジャーリーグでは、5年未満であれば支給はゼロ、マイナーリーガーにはこの年金は適用されず、全く支給されません。選手登録5年以上で年金受給の有資格者となり、10年の選手登録があれば満額となりま … そのため、メジャーリーグ選手は引退した後も安心して生活することが可能です。, 年金制度というと国が用意するものと思っている方もいるかもしれませんが、メジャーリーグでは選手会が年金を運営しています。, その特徴は、選手が掛け金を全く払わないことです。テレビやネット放映による放映権料や選手の肖像権による収入などから「メジャーリーグ選手年金基金」に積み立てられて、それが選手の年金になります。, 一方、マイナーリーグの選手は年金をもらうことができません。メジャーリーグは実力主義の世界であることがよくわかります。, ・5年:満額の50% ・国民年金のみ 年金の有資格者になるには? 前述の通り、1日でもメジャー登録した選手は有資格者になります。 10年間のメジャー登録で満額の年金が支給されます が、10年以上登録していたとしても金額は変わりません。. ・選手は引退後のキャリアをしっかり考えなければならない, メジャーリーグの年金制度は、日本のプロ野球と比べてもかなり手厚いことがお分かりいただけたかと思います。. ・1日以上メジャーリーグに在籍していた選手に対して支払われる Embed from Getty Images.

日本のプロ野球選手は引退後は野球中継の解説や番組に出たりする方も多いですよね。でもメジャーリーグって引退した選手がその後働いている印象があまり無い・・でことは年金的なものがあるんじゃないかということでメジャー年金は何歳からいくらくらいもらえるのかまとめました。 メジャーリーグ(MLB)の年金制度. 日本人メジャーリーガーの年金はどうなっている? 2018年5月31日時点でのメジャーリーガー. .

大谷翔平 田中将大 ダルビッシュ有 平野佳寿 前田健太 牧田和久 イチロー. ・人によるが、毎年80万円ほど All rights reserved. 10、10、2504、2643、507、1649。これらの数字が何を意味するか ―。, すべて当てた人は相当なメジャーリーグ通、というより大の松井秀喜ファンでしょう。そう、昨年12月28日(日本時間)、メジャーリーグを引退した松井選手に関する数字です。一つでも当てられた人も、彼のファンの一人でしょう。, 正解は、日本で10年、メジャーで10年、日米通算で2504試合出場、2643安打、507本塁打、1649打点。松井選手は昨シーズンを浪人で迎えましたが、あくまで現役続行を希望、5月1日にはレイズとマイナー契約を結び、5月30日にメジャー昇格しました。しかし、極度の不振で8月2日に自由契約となり、次シーズン(今年)プレーする球団もなく、メジャーでのプレー続行を断念しました。, それはともかく、ネットのあちらこちらで、松井選手(すでに元選手ですが、選手と書きます)が現役続行に固執していたのは、メジャーでの年金満額受給が目当てだと書かれています。書いている方もどこまで本気か面白半分か知りませんが、年金受給の中身については事実です。が、松井選手にとって満額受給かどうかはまったく意味がありません。, まず、メジャーでの年金について書かれていることをまとめてみます。メジャーでは10年在籍すれば、満額の年金を受け取る資格を取得できます。その額は60歳から生涯受給で、17万5,000ドル(現在のレートで約1,528万円)。メジャー年金は1年を172日のメジャー選手登録で計算され、その日数に満たない場合は按分で減額されます。昨シーズンの松井選手はメジャーで2カ月しかプレーできませんでしたが、10年間メジャーに在籍したことで、ほぼ満額の年金を手にすることができるようになったというわけです。, 確かにそうですが、それが松井選手が現役にこだわった理由にはなりません。最後の1年間、メジャーリーグでの在籍が足りなかったとしても日割りで減額支給されるだけで、さほど年金額に影響するわけではないからです。メジャーリーグでは、5年未満であれば支給はゼロ、マイナーリーガーにはこの年金は適用されず、全く支給されません。選手登録5年以上で年金受給の有資格者となり、10年の選手登録があれば満額となります。選手登録が5年ならば満額の半額、9年ならば90/100が支給されます。, 仮に松井選手が在籍9年でメジャーリーグを引退したとしても17万5,000ドルの90%、15万7,500ドル(約1,375万円)が支給されます。満額との差額は年153万円。60歳から20年間では3,060万円と、それなりの金額になりますが、この程度の差額はヤンキース時代の年俸約13億円、メジャーリーグ通算年俸約83億円(1ドル100円にならして)を考えれば、ほとんど無視できるものです。したがって、彼が現役続行にこだわっていたのは、単純に野球を愛していたからであって、それゆえ野球を続けたかったということだったのです(そんなのわかりきっているじゃないか、年金満額が目当てだなんて記事を誰が本気で読んでたの? ・・・などと言わないでください)。, 松井選手の疑惑(?)が解けたところで、翻って日本プロ野球の年金制度をみてみましょう。日本プロ野球では、10年以上の選手登録が受給資格条件となり、15年以上在籍で満額となる年金制度でした(「でした」というのは、この制度は昨年廃止になってしまったからです)。それまでは、10年選手で年間113万円強、15年以上で142万円(月11万円強)で55歳以降の支給です。日本の場合はメジャー(1軍)・マイナー(2軍)の差はありませんが、メジャーリーグでは球団側が掛金をすべて負担してくれるのに対して、日本では労使折半であり、仕組みも一般の国民年金制度と適格退職年金の併用に近いものとなっていました。ところが、平成24年3月に適格退職年金制度が廃止となり、それにつれて日本プロ野球の年金制度も廃止、その時点で10年以下の選手には一時金が支払われるのみでした。日本プロ野球では、年金財源を探り、新しい年金の枠組みが模索されています。, 改めてメジャーリーグと比較すると、現役時代の年俸もさることながら、引退後の成功者への保障は格段の差があります。日本プロ野球のスター選手であったとしても、引退後はかなり寂しい金額です。それよりもっと重要な問題は、現役中の資産管理です。近年は、年俸数億円も珍しくはありませんが、引退後の人生何十年にならせば、その金額は決して余裕があるとは言えません。相当額の所得税が差し引かれるという知識さえなく浪費し、翌年納税のために借金をする選手、高額収入により豪邸を購入したものの高額ローンを抱え続けるなど、引退後に生活破綻しかねない選手もいるようです。, 確かに、プロ野球選手と一般サラリーマンでは年間所得額のケタが違いますし、現役期間の長さも異なります。しかし、現役時代の資産管理や運用、引退(退職)後の生活設計などの構図は、野球選手もサラリーマンも根本は変わるものではありません。たとえサラリーマンで高収入があるとしても、貯蓄できないくらいの消費やローン返済があったりすると、将来の生活は暗澹となります。特に私たち一般国民の年金制度も、今後さらに厳しくなることが予想されています。現役時代の資産管理の重要さが改めて問われる時代といえます。, 最後の問いです。松井秀喜選手が、本当に現役を引退した理由は何だったでしょうか。それは引退会見を見た人なら誰でもわかるでしょう。「野球を愛していたから」は当然でしょうが、正解は彼自身が会見で言っている通り、「命がけで野球をすることができなくなった」からにほかありません。. 年数のカウント方法は「172日のアクティブリスト登録=1年」となります。 ・満額で毎年およそ2000万円(175000ドル) 各メディアはそれぞれ名場面を振り返ったり、彼のセカンドキャリアについて推知してみたりと、その膨大なニュース量を見ると、, その中にメジャーの年金についての言及がいくつかあったので、これを紹介、補足してみましょう。, まず興味深いのは、メジャーの年金のシステムやディティールは、公式サイト「MLB.com」の中に「Pension Benefits」(年金給付)の項目で、30ページ超を割いて明記されています。専門用語や具体例なども多く、かなり難解ですが、非常に興味深いので英語や数字に強い人はぜひご覧ください。, 細かい金額は景気やMLBの収支などによっても左右する可能性はありますが、基本的なルールと数字は大きく変動しないはずです。以下は僕の体験による大まかな説明ですので、ご了承ください。, メジャーの年金は10シーズン、フルにメジャー登録をして働いた選手に満額が支払われるものです。マイナー扱いの期間は除外されます。逆にDL(故障者リスト)に入っていても、その間はメジャー登録ではあるのでカウントされます。, 満額は、前述のように多少の前後はありますが年間20万ドルを超えるくらいです。現在のレートですと、約2200~2300万円が62歳から毎年、その選手が死去するまで支払われる生涯年金です。支払い方法は12分割で、毎月支払われることになります。しかも、その選手の没後も配偶者のみ相続することができます。非常に手厚いペンションと言えるでしょう。, 日本人選手でこの満額を受け取る条件を満たした、つまりメジャー10年のキャリアを重ねた選手は、今のところ野茂英雄氏、松井秀喜氏、大家友和氏、イチロー氏の4人です。, 僕はそれに次ぐ9年のメジャー生活をしてきました。もう少しで満額だったので引退時、周囲からはそれを惜しむアドバイスが多くあったのですが、それでも年18万ドルを62歳から毎年、受給できるはずです。, お金の出どころですが、すべてのメジャー契約をしている選手の年俸から少しずつ集めます。今はレギュレーションが変わっているかもしれませんが、僕が現役だった頃は年俸の5-10%程度を払っていた記憶があります。払っていたというか、正確には積立金として既に差し引かれた残りがサラリーとして振り込まれていました。僕のサラリーはスター選手に比べるとそこまで大きな数字でなく、それでも受給額はスター選手とほぼ同額なので「サラリー低いほうがペンション的には得やな、儲けたな」と同程度の年俸の選手と冗談を言い合ったのもいい思い出です。, そして、このシステムで「Pension Benefits」を運営している限り、まず破綻しません。受給には最低5シーズンはメジャー選手としての活動が必要です。なので、メジャーの全選手を分母とすると、収支的にマイナスには決してならない。ご存知のように選手の代謝が早い世界ですから、5年、そして10年を超える現役生活を過ごせる選手は少ないんです。そういう意味でも年金満額というのは一つのステータスになるかもしれません。, ただ、おそらくイチロー選手も含め、満額の条件を満たしたメジャーリーガーの多くはスーパースターかつ高給取りですし、システムも難解なので自分がいつからいくらもらえるか。そんなことを正確に把握している人はほとんどいないでしょう。, 今や全米に日本人メジャーリーガーが散らばり、彼らの奮闘で楽しませてもらうシーズンが続きますが、その中で年金満額、10年のキャリアを次に達成する選手は誰なのか。メジャー観戦のスパイスとして意識してみると、さらに野球が面白くなるかもしれません。, 1968年8月1日兵庫県加古川市生まれ。東洋大姫路高校で春夏甲子園に出場。立命館大学を経て1991年ドラフト1位でオリックス・ブルーウェーブに入団。初年度から12勝を挙げ、新人賞を獲得した。1997年、金銭トレードでアナハイム・エンゼルス(現在のロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム)に移籍。2002年シアトル・マリナーズに移り、2006年現役引退, 本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。.

夏の終わり オフコース 意味 45, 重曹水 飲む 体臭 45, 田中圭 色気が ある 5, ネウロ シックス 最後 30, Pso Ep1&2 Plus 違い 8, Uss オークション ログイン 8, 江戸川乱歩 少年探偵団 順番 36, 刀剣乱舞 映画 無名 10, Cast A ゲーム考察 13, メダカ 卵 乾燥 11, ワールドオンライン 誕生日 クーポン 13, マイクラtnt 種類 作り方 12, 水 一日 4リットル 17, こころ 主題 エゴイズム 7, 先生 会いたい 好き 9, 自転車ナビタイム Apple Watch 4, Study Equal Magic コール 13, 山形線 719系 運用 7, タナカ Saa 旧型 8, サン プラザ 堺 少林寺 町 西店 4, Zoomウェビナー パネリスト 画面 46, 黒い砂漠 ツイッター Vk 7, Ftc 自衛隊 負ける 14, 田中美佐子 自宅 鎌倉 35, 力士 酒 強い なぜ 17, ひとよ 映画 新潟 4, 智 弁 和歌山 佐々木勇喜 25, 長嶋 一茂 めんどくさい 4,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *